オステオパシー 最新手技、FDM ファッシャルディストーションモデルの普及活動を促進する
FDM アジアン アソシエイション 公式ホームページ レポート集
トップページへ。
The Fascial Distortion Model (FDM) is am anatomical perspective in which the underlying etiorogy of virtually musculoskeletal injury is
considered to be comprised of one or mere of six specific pathological alterations of the body's connecting tissues.
 
お問い合わせサイトマップ 
FAA事務局 〒805-0024 福岡県北九州市八幡東区中畑1−7−1 TEL 093−651−7793
 FAA 公式ホームページ    FAA会員、関係者レポート バックナンバー 2010年6月〜8月
トップページ>FAA会員レポート>バックナンバー 2010年6月〜8月
☆FDMとは?
☆セミナー書籍案内
☆FDM MOVIE
☆FDMの歴史
☆注意事項
☆リンク集
☆What's new!
☆各種疾患と症例
☆施術院紹介
☆FAA会員レポート
            

FDM オステオパシー 普及のFAA

FAA会員レポート

      

バックナンバー2010年6月〜8月


  ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆


 皆様、昨日はお疲れ様でした。山田先生のメイン州、そして岩田先生のアラスカ訪問の報告会、とても楽しく行うことが出来ました。二人とも非常に貴重な経験をされ、うれしく思います。

 昨年の国際セミナーの通訳をして下さった松本佐紀子さんが、わざわざ大阪から参加してくださいました。松本さんには、FDMに対する非常に強い共感を持っていただき、いつもメールなどで暖かく応援していただいております。昨年の柔整学会の発表にも応援に駆け付けて下さいました。臨床家でもなく、患者さんでもない、客観的立場でFDMに触れ、このように応援いただくことは非常に嬉しく、名誉なことだと思います。ありがとうございました。

お茶の水オステオパシー アメリカ訪問レポート。 お茶の水オステオパシー FDM理学療法について。 お茶の水オステオパシー 山田先生。
松本佐紀子さん 山田純子先生 御茶ノ水オステオパシーより。 記念写真
カイロプラクティックとの違い。 整体との違い オステオパシーの書籍について。
オステオパシーFDM普及FAA会員。 整体とは異なる治療法に。 カイロプラクティックにはない治療法
オステオパシーFDMの普及FAA親睦会 整体師でもカイロプラクターでもありません。 FDMオステオパシーです。
FDM理学療法を。 オステオパシー、FDMの普及を。 オステオパシーFDMの報告会でした。

 また同じく国際セミナーで通訳をしてくれましたマットさんも、忙しいスケジュールの中、仕事が終わってすぐに駆け付けてくれました。久しぶりに親睦会を開催し、楽しい時間をすごすことが出来ました。ありがとうございました。

 岩田先生、山田先生、お疲れ様でした。松本様、マット様、ありがとうございました。

  #00061  '10,08,11 田中オーソパシックオフィス 田中啓介,FDM.O.


 
お疲れ様です。昨日は大変貴重な話を聞けて参加してよかったです。すごくモチベーションが上がりました。ありがとうございます。今後はセミナーに参加していきたいと思います。そして新たな目標目指して患者さんから信頼される治療家を目指してやっていきます。(FAA 近藤)

 
田中先生、岩田先生、皆様、昨日は大変お世話になりましてありがとうございました。来年2月の国際セミナーの通訳をさせて頂くにあたりまして、特に今回の山田先生のご報告は大変勉強になりました。また岩田先生のご報告、田中先生のお話をお聞きしまして、FDMへのイメージを深めることができました。よりお役に立てる通訳ができればと思います。今後ともどうぞよろしくお願い致します。(松本佐紀子

..
 写真を整理していたら見つけました。今年の4月ごろだったと思います。北九市内の高校のバスケット部の選手です。数日前に膝を傷め、靭帯断裂?との診断を受け来院しました。十数万円の装具をお買い上げです。インターハイの予選前でしたのでどうしても出場したいと言う本人の意思から施術を開始しました。

しゃがむ動作 不可  膝を胸に着ける動作 不可  踵をお尻に着ける動作 不可(足首を掴めない)

 引き出しテストでの遥動性が顕著ではありませんでしたので、この日一回の施術でおしまいです。膝が曲がってうれしそうでした。顔は恥ずかしいのでと言うことでした。(装具はネットオークションに出品してみては?と勧めました。)


スポーツ障害 田中オーソパシック。 田中オーソパシックオフィス スポーツ障害



 先週、同じように前十字靭帯断裂の診断を受けた女子高校生が大分県から来院しました。FDMの施術に非常に良く反応し、昨日の二度目の来院では、外に出て全力で走っても大丈夫だったため、一ヵ月後の試合まで痛みがなければ来院の必要なしということで終了しました。高校生活最後の試合、キャプテンをしているそうで、何とか良い結果が出てよかった。



 と思ったら早速本日、またしても十時靭帯断裂の診断を受けた大学生、機械体操選手が来院しました。4日前に受傷し、MRIで断裂が明らかとなりました。10日後のインターカレッジに出場したいとの大胆な発想です。整形外科医の指示は「出場しない方が良い」だったそうです。当たり前です。手術も勧められています。私も全く同意見です。また、受傷後2週間以内なら、手術をせずに十字靭帯の再建が可能な処置もあります。まだ十分に間に合いますので、私も強く勧めたのですが、本人の固い、大胆な要望が勝っていましたので、修理いたしました。

膝関節:

伸展  ほぼ正常に伸展可能であるが、非常に遅く痛みを伴う。
屈曲  90度にも満たない。当然痛みを伴う。
FDMの三つの動作  不可。  踵を持つことができない。
歩行は正常ではない。運動する状態には程遠い。

 施術後、正常な歩行、軽度の跳躍、痛みの無い完全な伸展を回復し、膝間接屈曲時の臀部と踵の距離を約指3本までに短縮させた。 来週の施術で運動能力を可能な限り回復させる予定。


 ここ最近の類似した症例です。いずれのケースでも、目的を達成したいと言う本人の強い、そして大胆な意思によって行われたものです。目的を達成でき、症状や機能障害が無ければ、その後手術を受けるかどうかは本人の選択枝だと思います。 唯一の懸念は、本人が納得してやっていることとは言え、再度の不運な損傷ですね。いかがでしょうか?

  #00060  '10,08,11 田中オーソパシックオフィス 田中啓介,FDM.O.


 
今晩は。いつも勉強になるレポートありがとうございます。3人目の大学生の十字靱帯断裂の件ですが、MRI上では完全断裂、部分断裂のどちらと言われたのでしょうか。私の常識では、完全断裂では施術は不可能との判断を下すと思うのですが。


 二人目の女子高校生も三人目の大学生もMRI検査による完全断裂の診断を受けています。女子高生の方は、本人の意思に従って無理の無いように気をつけて運動し、試合の後に手術をすると言う、整形外科の先生の治療方針でした。
 大学生の方は、九州**医大での精密検査で完全断裂の診断と手術の勧めを受けています。試合には出場するべきではないと言う指示も受けています。 私も全く同意見です。将来的なことを考えると、もし試合中にさらに損傷を受け半月板までも破壊してしまうかもしれません。また彼の場合、手術なしで再建できる時期にありました。それを強く勧めたのですが、最後の決戦を断念する悔しさは私も経験してますので、本人の意思を尊重しました。
 基本的に私も松橋先生と同意見で、完全断裂に対する施術は不可能であると考えます。しかし経験上、完全断裂の診断を受け、私の施術により支障なく試合に臨むことができたと言う症例は非常に多くあります。もちろん施術前に不可能であると判断した場合は、本人が何と言おうと施術しませんが、可能性を見出したなら、本人の意思に従うようにしています。患者さんからの電話問い合わせで「十字靭帯断裂と言われたのですが。」と言う問い合わせがあったらいつも「一度見せていただかないと」と言う返事になります。 いずれにしても、この二人の患者さんが無事に目的を達成できることを祈るばかりです。(田中)


 昨日、男子大学生から連絡があり、跳馬をしてみたところ問題なく出来たそうなのですが、着地で膝がふらついてしまうとのことでした。指導者サイドで検討した結果、出場を断念することになりました。FDMでは、膝関節の不安定の原因は容易に想像でき、また解決可能と予想できます。今日の施術で膝のふらつきを止めることも可能であったかもしれませんが、一施術家が欲張った意見を押し付けるべきではありませんので、私の介入はこれまでと言うことになります。本人にとっては非常に無念な結果となりましたが、正しい、最善の選択だと思います。ただ、手術を回避する整形外科の受診を先送りしてインカレの応援に行くとのことでしたので、それに対しては猛烈に反対いたしました。

 FDMオステオパスとして、施術家として、常識的な人間として最善の処置と判断を提供したと思います。今回を最後にもう機械体操をすることは無いそうです。現在、FDMの施術後は日常生活に支障なく生活されていますので、手術をするかどうかは、専門医との相談の上本人の選択です。


..
アラスカオステオパシー学会へ。 お蔭様で無事、帰国しました。今振り返るとあっという間の10日間でした。行く先々で歓迎され、とても充実していました。40人の医師、オステオパシー医師、オステオパシー医科大学講師、医学部生がセミナーに参加しました。セミナー講師であるパーキンス先生が初めてのセミナーとは思えないほどスムーズに講義を進行して、参加者からも多くの質問が出て活気のあるセミナーとなりました。結果、12人の医師がアメリカFDM協会に新たに入会することになったそうで、大成功だったと言えると思います。セミナーの詳細や現地での交流については、8月22日(日)の報告会でお伝えいたします。

 いろいろと激励の言葉を下さり有難うございました。相当なプレッシャーもありましたが、非常に貴重な体験となりました。

  #00059  '10,08,06  岩田オーソパシックオフィス 岩田宏平


肩こり。
 ここのところパソコンの調子が悪く、もうそろそろかと思っておりましたが、終にイカレてしまいました。リカバリーで調子よくなり、新たに購入する必要はなさそうです。ということで少し遅れましたが、セミナースケジュール、進行状況等、JOPホームページを訂正変更しております。http://jop.fdm.cc/をご確認ください。


  #00058  '10,08,05 田中オーソパシックオフィス 田中啓介,FDM.O.
     ...
再現性の重要さ!

いざ、アラスカオステオパシー学会へ。 岩田先生、日本代表として奮闘され本当にありがとうございます。少し前までは、いや今でもFDM以外のオステオパシーカイロプラクティックセミナーでは海外から来るDo,Dcが講師で日本人が習うのが当たり前で、私達もそれが当然のように思ってきました。田中先生以外にもう一人の先生がりっぱに海外で発表し、実技指導を行ったことは歴史的にみて画期的なことではないでしょうか。なぜ、このようなことが可能になったのでしょうか。勿論、日々の研讃のたまものですが、最も重要なことはFDMが虚構ではなく真実だからではないでしょうか。FDMには検査と治療に経験者なら誰がやっても同じ結果になるという再現性があります。例えば下腿の肉離れの場合、FDMなら誰が診てもTBと診断するでしょう。他のテクニックでは著名な先生でも、L5の問題、いや骨盤、仙腸関節、頸椎はたまたTMJ、内臓からエネルギーの流れ、頭蓋骨の歪みと数え上げたらきりがなく、Drが変われば診断と治療が変わり再現性がありません。それが世間しいては、医学界から信頼されない大きな理由です。ですから、FDMの場合田中先生のもと岩田先生のように努力し技術を上げれば逆に海外の先生達に指導できる立場になれるのだと思います。

  #00057  '10,08,01 成田オステオパシーオフィス    松橋

 まったくその通りだと思います。自己満足の世界で満足するのは勝手ですが、患者さんの立場になってみればとんだ災難ですね。所詮井の中の蛙、頭蓋骨だの内臓だの、そんなことをやってるやつはアメリカにもほとんどおらず、単にセミナーネタだと言うことを知りません。(田中)

 岩田先生、大変お疲れ様でした。ものすごいプレッシャーと不安の中、FDMにとっても日本にとって大役を果たしてくれたことをとても嬉しく思います。田中先生や岩田先生、山田先生のこういった世界への挑戦みたいなものが、私にとって大変励みになります。まずは帰ってゆっくり休んでください。
オステオパシー学会へ
田中先生、私も以前はアメリカやヨーロッパのD.O.達のセミナーに行っては神様のように尊敬し、言われたことが何か分からなくても、言われた通りに施術して結果が出なくても何の不思議も持たないでいました。ですからFDMと出会った時、その効果と教えてくれる先生達の人間性に感動しました。日本のオステオパシー業界は、あまりにも哲学っぽくて“施術者のエゴ”っぽいセミナーが多い気がします。FDMは人間にとって将来的に絶対な治療方法です。本物である為に偽物も出回ってしまいますが…。

  #00056  '10,07,31 まことオステオパシー治療院   岩本 真



 新しい事実を受け入れることにより自分の築いて来た物が壊れてしまう。そう思うとなかなか前には進めないようです。FAAので勉強されている先生方は、患者さんを最優先と考えた先生方ばかりと言う事になりますね。  またMerit-basedのハエが集って来るのはどの世界でも同じようですが、確かな信念を貫いて行けば、何れ去っていくものではないでしょうか。(田中)
田中オーソパシックオフィス スポーツ障害。 昨日、バイロン・パーキンス先生と岩田先生からSkypeで連絡がありました。初日は午後からのセミナーで、FDM理論中心の進行だったようですが、いよいよ今日からは実技のデモンストレーションが始まります。40人弱の先生方が出席しています。その中で実際の患者さんを治療することになるでしょう。頑張ってください。

  #00055  '10,07,27 田中オーソパシックオフィス 田中啓介,FDM.O.

 続報です。 岩田先生から連絡があり、三日間のセミナーを無事終了したそうです。プレゼンテーションや技術的な経験を述べたせいもあり、実技指導や質問に行列が出来、対応に大変だったようです。

 これまで日本では、オステオパシーと言うと必ず行進国であり、またそれに何の疑問も持たないのが当たり前でした。しかし今では、我々が諸外国でオステオパシーの最新技術を指導できる立場となりました。アメリカで行われる他のCMEのセミナーでは、これほど熱心に質問が成され、実技に熱が入ることはあまりありません。これはFDMが非常に有益な、そして将来のオステオパシーのみならず筋骨格系損傷に関連する医療の、主要な技術となることを物語っていると思います。多くのオステオパシー実践者を名乗る人達は、個人的利益や取るに足らない小さな立場を守るため、頑なに古い物にしがみつく傾向にありますが、これから先の数十年、手技医療のあり方に大きな改革が起こると予想します。
 優れた物は自然に受け入れ、そして損傷に苦しむ人達により良い技術を提供することが本来の臨床家の目的であり、一番自然な姿だと考えます。  少し堅くなりましたが...  (田中)

      ...
オステオパシー学会へ行ってきます。 いよいよ明朝、アンカレッジに向けて出発します。5年ぶりのアラスカを十分楽しんで来ようと思います。不在の間、事務局としての仕事が出来ず、皆様にご迷惑をおけかして申し訳ありません。7月23日(金)〜8月3日(火)まで、事務局へのメールは自動返信になりますのでご注意下さい。では、気をつけて行って参ります。

  #00054  '10,07,23  岩田オーソパシックオフィス 岩田宏平
オステオパシー学会へ気を付けて。
 岩田先生は、FDM アジアン アソシエイションを代表し、アラスカオステオパシー学会の継続医療教育の一環として行われるFDMセミナーに、バイロン・パーキンス先生のご招待により実技指導講師として参加します。頑張ってください。ものすごいプレッシャーでしょうか... (田中)

 山田純子先生より先日のBangor訪問の写真が届きましたので紹介いたします。


飛行機からアメリカオステオパシーへ。
☆飛行機から☆
デトロイト空港
☆デトロイト空港☆
理学療法師のまーぎ先生夫妻。
☆バンゴア空港☆
オステオパシー理学療法師マージ先生へお土産。
☆マジョリー・カーステン先生☆
ジョンカーステンさん
☆ジョン・カーステンさん☆
滞在した部屋。
☆お世話になった部屋☆
FDMオステオパシー理学療法マージさんの家
☆お世話になった家☆
マーギ先生とジョンさん
☆☆
リス
☆リスが遊びに来ます☆
アンさんと。
☆アンさんと☆
FDMオステオパシー理学療法のマージ先生と。
☆マジョリー先生と☆
アレックスさんと。
☆アレックス・ティパルドスさんと☆

  #00053  '10,07,22 田中オーソパシックオフィス 田中啓介,FDM.O.
 ワークショップ2回目の参加となりました。FDMのことが、少しずつ分かってきたような気がします。坐骨神経痛の講義で、腰の治療は、とても危険だということ。テクニックでは、ハレルヤマヌーバーが、かなり難しいと思いました。参加されている先生方は、パワー全開で、取り組んでいるので、驚き、さすがだなあと感心しました。まだまだわからない事がいっぱいなので、田中先生をはじめ、参加されている先生方、これからもよろしくお願いします。

  #00052  '10,07,16 FDM アジアン アソシエイション 中村孝範


 中村先生、先日はセミナーお疲れ様でした。まだ慣れないので疲れたでしょうしが、教科書を読むだけでは分からない点がセミナーでは解決できると思いますのでこれからも頑張って下さい。九州セミナーにも都合がつけば是非いらして下さい。(事務局  岩田宏平).

大雨。
 ゲリラ豪雨の襲来が全国に報道され、北九州、行橋周辺は悲惨な状態になっていると伝わっているようです。心配して下さった方々から多くのメールを頂いております。しかし実際に被害に見舞われた方々も大勢いますが、幸い岩田先生もわたくしも何事もなく過ごせております。ご心配下さった方々に感謝申し上げます。

  #00051  '10,07,15 田中オーソパシックオフィス 田中啓介,FDM.O.


スポーツでいい汗を。 昨日はありがとうございました。今朝犬の散歩に、だいぶ左足が動くようになりました。まだ少し残ってはいるようですが、今までとは全然違います。こういった障害に対するアプローチの仕方など、私自身の勉強にもなりました。ありがとうございました.

  #00050 '10,07,13  新田長生館 松島秀樹


 長い時間を経過した急性の肉離れの触診感覚や矯正方向の見分け方を参加者の先生方に紹介できました。痛い所を提供いただきありがとうございました。またお願いします。  (田中)
.
山田先生お帰りなさい。オステオパシーレポート。 無事帰国しました。暖かいメッセージありがとうございました。

 マジョリー先生のご自宅兼治療院はとても広くて素敵で、庭には毎日リスやあらいぐまが来るすばらしいところで、私の滞在中も毎日大勢の患者さんが見えました。その中には病院の救命救急室の先生や、マジョリー先生の噂を聞いて車で3時間もかけて来る方がいて、あらためてすごい先生なのだと実感しました。治療を毎日見学し、インバーションセラピー以外の事もいろいろ勉強させていただきました。詳細は来月報告しますね。

 #00049 '10,07,03  御茶ノ水オステオパシー 山田純子


 本当にお疲れ様でした。 Bangor Maine ティパルドス先生のところ、本当に暖かい仲間、私の宝です。それを分かち合うことの出来る仲間がまた一人増えたことを心から嬉しく思います。(田中)


オステオパシーFDMの会員レポート。 山田先生が昨日帰ってきました。12日間、色々な経験をし、いろんな意味で一回りも二回りも大きくなっていることと思います。貴重な経験をしたことを嬉しく思い、誇りに思います。お疲れ様でした。

報告会を楽しみにしております。

  #00048  '10,07,01 田中オーソパシックオフィス 田中啓介,FDM.O.


 山田純子先生、無事の帰国お喜び申し上げます。きっとお土産話たくさんあるのでしょうね。先生が渡米する直前に診てもらった私の幼馴染の頸椎捻挫、ほぼ痛みが1回の施術で消失したそうです。もう1度伺うようなのでよろしくお願いします。
 次は24日から満を持して岩田先生の番ですね。今から体調を整えてSAMURAI BLUEに負けず頑張って帰ってきて下さい。
8月22日の帰国後の報告会【九州】にはぜひ参加したいと思っています。

  成田オステオパシーオフィス  松橋
オステオパシーDFMの普及FAAレポート。

 山田純子先生 お帰りなさい。いろいろと貴重な体験をしてきたようですね。たくさん話を聞かせてください。と、その前にゆっくり休養されて体調を整えてください。
松橋先生 はい、今度は私の番ですね。侍ブルーのように、全力で頑張ってきます。

  岩田オーソパシックオフィス 岩田宏平

いざいざ!
 山田先生、おかえりなさい。そしてお疲れ様でした。カーステンさんとアンさんの文章見る限り、かなり楽しんで、そして勉強されたみたいですね。とてもうらやましく思います。今度土産話たくさん聞かせてください。今度は岩田先生ですね。大和魂見せてきてください!国際交流が激しくなってきて楽しみがいっぱいです。私も出来れば九州での報告会参加したいです。

  まことオステオパシー治療院 岩本 真



Hello Keisuke:

We just took Junko to the airport and she will arrive home tomorrow. We had a wonderful time together. She is already stronger and her shoulders are working better. Thank you so much for the delicious dinner we enjoyed at Captain Nick’s. Ann, Junko, John and I had a wonderful time, and I even found a new patient while we were there. Three of us had the seafood medley which has lobster, shrimp, scallops and haddock, and John had salmon. Very good.

We saw Alex on Sunday and Monday but he did not eat with us (he doesn’t like our food). Alex looks much better and we had fun together.

Ann had to leave early because her dog had a problem at home.

Junko and I treated many patients and she liked hanging upside down. I look forward to seeing all my friends again in Tokyo in February.

Hugs,

Marge


Dear Keisuke,

Thank you so much for dinner at Captain Nick's:). It was delicious, though it would have been even better if you could have been there with us! And thank you for the lovely gifts. I will see Zach soon and will bring his to him.

It was so nice to see Junko again. She is a good friend!

I had to leave yesterday instead of today. because my dog broke his jaw while I was gone and had another surgery today .. poor guy. So I didn't get to talk to Alex or Eric very long. I wanted to stay longer!

Thank you again!
Ann

ぎっくり腰 先週末、不覚にも自分がぎっくり腰になってしまいました。土曜日の夕方に椅子に座っていた際、少し姿勢を変えた時にキヤッと!その後歩行も困難な状態で日曜を過ごし、多少症状が緩解した月曜の朝に藁にもすがる思いで大阪の三浦先生のところへ伺いました。いつもと逆の患者の立場でFDM治療を受け、改めてFDMの即効性に驚くとともにどんな心境で患者様が来院されてたのか肌で感じることが出来ました。治療後、午後からはほぼ正常に仕事に復帰することができ、感謝!感謝!です。実際に治療を受け、患者様と真剣に向き合う気持ちの大切さを再認識できました。三浦先生、お昼の休憩中に押し掛けてしまい申し訳ありませんでした。

  #00047 '10,06,29 聖道整骨院 武藤悦聖

 私も数年前ぎっくり腰をやりました。先週はアキレス腱炎に二頭筋腱脱臼。患者さんは「自分で治療できるから良いですね」などと言いますが、とても自分を治療するのは無理です。余計なことを考えてディストーションさえ鑑別できませんでした。(田中)

 私も昨年肩関節を痛めた時に、治して欲しくても北海道にはFDMを実践する人が少ないので、困ったことがあります。そこら辺の治療院に行っても「頚椎がおかしい」とか「骨盤が曲がっているから」とか言われると思ったので、我慢してました。結局大阪での国際セミナーでパーキンス先生に治療してもらい、その後完治しました。自分が患者さんの立場になってみるのって、とても大事ですよね。関西や関東、九州にはFDMを実践する人が多くてうらやましいです。 まことオステオパシー治療院 岩本 真

 皆様お疲れ様です。昨日のワークショップに参加された先生方、野球肘に対するFDMアプローチ、いかがだったでしょうか?約30年もの間、伸びなかった肘をその場で完全に伸展させました。そして一晩が過ぎても完全に進展可能で元に戻ってはいません。恐らくこのような変化を見野球肘るのは初めてではないでしょうか。野球選手、或いは腕を酷使するスポーツ選手において、肘関節伸展制限に悩む選手は大勢います。昨日のセミナーのように、多数存在する伸展制限の原因を正確に分析し、適切な方法を選択し、その目的となる組織に正確に集中させることが出来たなら、その傷害の経過時間に関係なく、このような完璧な結果を出すことが出来ます。 #00034 に掲載した、そして前回の東京でのセミナーで紹介したビデオの前腕骨折後の回外、回内制限に比較し、考慮する点がかなり多くありますが、昨日のセミナーで紹介した障害の原因の一つ一つの根本とその理由を参考にし、訪れる患者さんの原因を探り、伸展傷害を解決する助けになることを願っております。

 阪九フェリーを利用された先生方、無事帰り着きましたでしょうか?霧のため停泊とは予想外の災難でした。私もせっかくのセミナーに参加できなかったことを残念に思います。

  #00046  '10,06,28 田中オーソパシックオフィス 田中啓介,FDM.O.

 皆様お疲れ様です。さっき、いつもつま先立ちで歩いたり走ったりする尖足の子供が来たので、ちょっとインターネットで調べていたところ、下記のようなサイトを見ました。医者の世界も手技療法と似たりよったりで、安易に表面的なことだけ追いかけて文句ばかり言う人が多いんですね。このサイトの先生は田中先生の考え方に似てますよね。

  #00045  '10,06,24  岩田オーソパシックオフィス 岩田宏平


 よく松尾の手術はむずかしい、わたしがしたらうまくいかなかった、だから科学ではない、といわれる先生がおられます。学会で何cm腱を延長したらいいのか聞かれます。分かりやすい解答を準備してくれともいわれます。でも答えてもいいのですけど、分かるように説明するには何時間もかかります。しかし医学はそんなに生易しいものではない。わたしの本を徹底的に前から後ろまで、役に立たないように思えるところも読んで、しかも行と行の間に詰め込まれた色々な思いを理解して手術をされたら、まだなんとかなりましょう。でも手術のところだけ、ちょこちょこと読んで、その通りやってうまくいかない、だから科学的でないというには言い過ぎのように思います。

 たとえば脊椎の手術をアメリカの先生が発表される。それを自分もやってみたい人は、みずからアメリカにいき、何か月も滞在して、その先生の手術を見せてもらい、患者を観察し、結果を確認し、お金と時間をかけて勉強します。それは、学会で聞いたぐらいでは分からない色々なノウハウがいっぱいあるからなんです。脊椎の手術だったら、あるいは命にかかわる問題があるでしょう。その小さな知見の積み重ねやっと自分で安全に手術ができるのですね。
http://hb3.seikyou.ne.jp/home/t-matsu2/jap41.html

がんばれ!

 本日、山田順子先生がBangorに出発します。素晴らしい滞在になることを願っております。 山田先生への応援メッセージをお願いいたします。

  #00044  '10,06,18 田中オーソパシックオフィス 田中啓介,FDM.O.



 山田純子先生は、昨年の九州旅行ですっかり諸外国の先生方と打ち解けていましたよね。特にマジョリー先生とは女性同士ということもあり旅行後も非常に親密にしているようでした。今回の訪米でも多くの収穫があると思います。是非頑張ってきて欲しいですね。 (岩田宏平

 自分を含め現在日本でFDM、或いはオステオパシーを学んでいる治療家、そしてこれから学ぼうとする治療家の方々に山田先生の今回の渡米は大きな励みになると思います。アメリカでたくさん得ることがあると思います。帰りを楽しみに待っています!(岩本 真
山田先生、バンガーで。
 マジョリーカーステン先生から連絡がありました。山田先生と楽しんでいるようです。アメリカ満喫と言った所でしょうか。ゴルフ(向こうは安い!)、教会(ジョンカーステンさんの教会でのバンドが見れます。)、バーハーバー、キャデラックマウンテンなどなど。もちろん臨床実習も。明日はたくさん患者さんが待ってるそうです。頑張って。(田中啓介)

 FDM山田先生みたいに一人でアメリカに乗り込んでいろいろな患者さんに接していろんなことを一杯吸収してくるんでしょうね。まだまだ山田先生には程遠いですが私もいつか英語が話せてロブスターを・・・もとい、FDMをいろんな所に行って教えてもらいたいものです。その先駆けが田中先生岩田先生山田先生です、尊敬します。山田先生ガンバレー食べ過ぎるなー。(ハギワラ)
.

シンスプリント 昨日はFDM東京ワークショップ、お疲れ様でした。また宅配便の不備により一部セミナー進行内容を変更したことをお詫びいたします。

 さて、シンスプリントについては、これまでにないより詳細な内容とアプローチとなりました。オスグットシンディン・ラーセン・ヨハンソン病同様に、ただ単に無理やり治すのではなく、臨床経験から得られたデーターを基に適切な判断を下してあげないと、辛い思いをするのは常に患者さんです。したがって昨日のシンスプリント詳細な分類は大きな助けになることと思います。是非臨床に役立ててください。

  #00043  '10,06,14 田中オーソパシックオフィス 田中啓介,FDM.O.
ペコ FDM International 2011 の日程記載に誤りがありましたので訂正いたします。

2011年8月29日から9月3日 6日間で開催される予定です。


  #00042  '10,06,08 田中オーソパシックオフィス 田中啓介,FDM.O.
 先日セバー病の患者さんが来院しました。私の治療院にはオスグット病の子どもは結構来るのですが、セバー病は比較的多くありません。臨床経験が浅いためにあまり自信がない、そして大変な骨端症ですが、セミナーでやったことを実行すると劇的な効果があります。現在通院中ですが、とりあえず今のところ2回の施術で痛みは1/10以下に減りました。患者さんの喜び&驚きがとても嬉しいです!次くらいには完治させるように頑張ります!

  #00041  '10,06,08 まことオステオパシー治療院   岩本 真
ウイリアム・クルツ先生と家族。 昨年のFDM International 2009 に参加されたドイツの外科医、ウイリアム・クルツ先生とその息子さん、アレックス君を覚えていますでしょうか? 今日連絡があり、来年のFDMレベル1公式セミナー国際セミナーに参加したいとのことでした。またアレックス君と二人での来日となります。
 アレックス君に将来の夢は?と聞いたとき、『FDMを使える外科医』とはっきりと答えたのが印象的で、このさわやかな笑顔を今でも覚えてます。短期間で日本語を覚えてました。ギヨーク・ハーラー先生も『この子は天才だ!』と言ってました。少しくらいドイツ語を覚えとかないと恥をかきそうです。


  #00040  '10,06,08 田中オーソパシックオフィス 田中啓介,FDM.O.
 FDM International 2011 in Vienn についてのお知らせです。以前からギヨーク・ハーラー先生に、日本からの割安な航空券を入手するには、かなり前からの調査、予約が必要であることを伝え、日程だけでも早めに知らせてくれるようにお願いしておりました。と言うことで、まだ非公式ではありますが開催予定日程の連絡がありました。2011年8月29日から9月3日の六日間にわたり、FDM国際会議と世界大会が開催されます。今回はFDM生誕20周年記念式典も行われます。長期間の渡航になりますが、二度とないチャンスです。今から準備を始めれば、数ある問題も対処可能ではないでしょうか。この機会に是非参加して、世界の仲間とFDMの未来へ一緒に進みましょう!

  #00039  '10,06,03 田中オーソパシックオフィス 田中啓介,FDM.O.


オステオパシーFDMをヨーロッパで!



管理者 FAA事務局長 岩田宏平 (いわたこうへい)
Page-TOP
FAA事務局 〒805-0024 福岡県北九州市八幡東区中畑1−7−1 TEL 093−651−7793
FDMとはセミナー書籍案内FDM MOVIEFDMの歴史注意事項リンク集
What's new!各種疾患と症例施術院紹介オステオパシーセミナー

Copyright (C) 2003 FDM Asian Association. All Rights Reserved.
オステオパシー|オステオパシー北海道|オステオパシー青森|オステオパシー岩手|オステオパシー宮城|オステオパシー秋田|オステオパシー山縣|オステオパシー福島|オステオパシー神奈川|オステオパシーセミナー埼玉|オステオパシー千葉|オステオパシー茨城|オステオパシー栃木|オステオパシー群馬|オステオパシー新潟|オステオパシー山梨|オステオパシー永野|オステオパシー愛知|オステオパシー岐阜|オステオパシー静岡|オステオパシー三重|オステオパシー山県|オステオパシー石川県|オステオパシー福井県|オステオパシー京都|オステオパシー兵庫県|オステオパシー滋賀県|オステオパシー奈良県|オステオパシー和歌山県|オステオパシー鳥取県|オステオパシー島根県|オステオパシー岡山県|オステオパシー鳥取県|オステオパシー広島県|オステオパシー山口県|オステオパシー徳島県|オステオパシー愛媛県|オステオパシー香川県|オステオパシー高知県|オステオパシー佐賀県|オステオパシー長崎県|オステオパシー宮崎県|オステオパシー大分県|オステオパシー熊本県|オステオパシー沖縄県|オステオパシー東京|オステオパシー大阪|オステオパシー名古屋|オステオパシー広島|オステオパシー九州|オステオパシー福岡|オステオパシー|オステオパシーセミナー|オステオパシーセミナー北海道|オステオパシーセミナー青森|オステオパシーセミナー岩手|オステオパシーセミナー宮城|オステオパシーセミナー秋田|オステオパシーセミナー山縣|オステオパシーセミナー福島|オステオパシーセミナー神奈川|オステオパシーセミナー埼玉|オステオパシーセミナー千葉|オステオパシーセミナー茨城|オステオパシーセミナー栃木|オステオパシーセミナー群馬|オステオパシーセミナー新潟|オステオパシーセミナー山梨|オステオパシーセミナー永野|オステオパシーセミナー愛知|オステオパシーセミナー岐阜|オステオパシーセミナー静岡|オステオパシーセミナー三重|オステオパシーセミナー富山県|オステオパシーセミナー石川県|オステオパシーセミナー福井県|オステオパシーセミナー京都|オステオパシーセミナー兵庫県|オステオパシーセミナー滋賀県|オステオパシーセミナー奈良県|オステオパシーセミナー和歌山県|オステオパシーセミナー鳥取県|オステオパシーセミナー島根県|オステオパシーセミナー岡山県|オステオパシーセミナー鳥取県|オステオパシーセミナー広島県|オステオパシーセミナー山口県|オステオパシーセミナー徳島県|オステオパシーセミナー愛媛県|オステオパシーセミナー香川県|オステオパシーセミナー高知県|オステオパシーセミナー佐賀県|オステオパシーセミナー長崎県|オステオパシーセミナー宮崎県|オステオパシーセミナー大分県|オステオパシーセミナー熊本県|オステオパシーセミナー沖縄県|オステオパシーセミナー東京|オステオパシーセミナー大阪|オステオパシーセミナー名古屋|オステオパシーセミナー広島|オステオパシーセミナー九州|オステオパシーセミナー福岡|手技療法|手技療法セミナー|手技療法セミナー北海道|手技療法セミナー青森|手技療法セミナー岩手|手技療法セミナー宮城|手技療法セミナー秋田|手技療法セミナー山形県|手技療法セミナー福島県|手技療法セミナー神奈川県|手技療法セミナー埼玉県|手技療法セミナー千葉県|手技療法セミナー茨城県|手技療法セミナー栃木|手技療法セミナー群馬県|手技療法セミナー新潟県|手技療法セミナー山形県|手技療法セミナー長野県|手技療法セミナー愛知県|手技療法セミナー岐阜県|手技療法セミナー静岡|手技療法セミナー三重県|手技療法セミナー富山県|手技療法セミナー石川県|手技療法セミナー福井県|手技療法セミナー京都|手技療法セミナー兵庫県|手技療法セミナー滋賀県|手技療法セミナー奈良県|手技療法セミナー和歌山県|手技療法セミナー鳥取県|手技療法セミナー島根県|手技療法セミナー岡山県|手技療法セミナー広島県|手技療法セミナー山口県|手技療法セミナー徳島県|手技療法セミナー香川県|手技療法セミナー愛媛県|手技療法セミナー香川県|手技療法セミナー高知県|手技療法セミナー佐賀県|手技療法セミナー長崎県|手技療法セミナー大分県|手技療法セミナー宮崎県|手技療法セミナー熊本県|手技療法セミナー鹿児島県|手技療法セミナー沖縄県|手技療法セミナー東京|手技療法セミナー大阪|手技療法セミナー名古屋|手技療法セミナー広島|手技療法セミナー九州|手技療法セミナー福岡|柔道整復|柔道整復師|柔道整復セミナー|柔道整復セミナー東京|柔道整復セミナー大阪|柔道整復セミナー名古屋|柔道整復セミナー広島|柔道整復セミナー九州|柔道整復セミナー福岡|頭痛 治療法|鞭打ち症 治療法|肩こり 治療法|五十肩 治療法|テニス肘 治療法|腱鞘炎 治療法|突き指 治療法|腰痛 治療法|椎間板ヘルニア 治療法|脊柱管狭窄症 治療法|坐骨神経痛 治療法|膝の痛み 治療法|肉離れ 治療法|スポーツ障害 治療法|野球肘 治療法|野球肩 治療法|ジャンパー膝 治療法|ジャンパーズニー 治療法|オスグット・シュラッター病 治療法|オスグット病 治療法|オスグット 治療法|シンディン・ラーセン・ヨハンソン病 治療法|シンスプリン 治療法|足首捻挫 治療法|捻挫 治療法|セバー病 治療法|セーバー病 治療法|かかとの痛み 治療法