トップページへ。
The Fascial Distortion Model (FDM) is am anatomical perspective in which the underlying etiorogy of virtually musculoskeletal injury is
considered to be comprised of one or mere of six specific pathological alterations of the body's connecting tissues.
 
お問い合わせサイトマップ 
FAA事務局 〒805-0024 福岡県北九州市八幡東区中畑1−7−1 TEL 093−651−7793
 FAA 公式ホームページ 最新情報   Article 41
トップページWhat's new?Article 41
☆FDMとは?
☆セミナー書籍案内
☆FDM MOVIE
☆FDMの歴史
☆注意事項
☆リンク集
☆What's new!
☆各種疾患と症例
☆施術院紹介
☆FAA会員レポート

 【FDM東京ワークショップレポート】

                            FDMアジアンアソシエイション 岩田宏平


 猛暑も過ぎ去り、過ごし易い季節になりました。先日、東京の台東館にて、FDM東京ワークショップが開催されました。講義開始前には、去る9月19日に富山県で行われた第19回柔道整復接骨医学会学術大会にて、「オスグッドシュラッター病に対するFDMの無血整復理論とその技法」の発表を行った萩原康夫先生に、FDMアジアンアソシエイションからFDM普及に貢献したことへの感謝状授与が行われました。柔道整復師の間にも、確実にFDMの知名度が浸透しているようで、学会発表の際には、多くの参加者が聴講に訪れ会場に収まりきれないほどでした。保険医療への問題点が多く指摘される昨今、即効性にすぐれたFDMの需要がこれから益々高まることと思われます。

オステオパシー最新手技、FDMの普及を促進するFDM アジアン アソシエイションの公式ホームページ、ワークショップレポート。
会員の萩原康夫先生(左)

 続いて今回の講義内容の説明に入ります。

   講義内容:初級ワークショップ:「肩の痛み(急性・慢性)」
   初級ワークショップ:「テクトニックフィクセイション」

オステオパシー最新手技、FDMの普及を促進するFDM アジアン アソシエイションの公式ホームページ、ワークショップレポート。 初めに、肩痛の患者のFDM臨床ビデオと来年2月に開催される国際セミナーでも紹介されるプランジャーテクニックのビデオが放映されました。続いて、講師の田中啓介,FDM.O.により、FDMでいう急性、慢性疾患の違い(損傷後の経過期間が長い短いは関係無い)、その見分け方が丁寧に解説されました。どの方向にも肩の挙上がまったく出着ないという上腕骨折を連想させるようなシビアなケースでも、実は筋膜歪曲が原因である可能性、そのとき患者が示す特徴などの説明を多くの参加者が興味深く聞いていました。一見複雑なように見える肩の問題も、FDM教科書にあるチャートを理解すれば、スムーズに施術が行えること、またそのチャートの見方にもポイントが幾つかあり、それさえ抑えておけば、簡単に筋膜歪曲が選定できることが、セミナー参加者にも良く理解出来たことと思います。

オステオパシー最新手技、FDMの普及を促進するFDM アジアン アソシエイションの公式ホームページ、ワークショップレポート。
デモンストレーション

 スライド説明の他に、実際に最近、肩を損傷した参加者へのデモストレーションが行われました。FDM検査法での見落としがちなポイントの解説後、肩の施術で鍵となるSCHTP(鎖骨上窩ヘルニアトリガーポイント)の矯正が行われました。その際、通常の標準的な矯正法と今回、初公開となる上級テクニックも披露されました。こうした実際の施術の流れが分かるデモストレーションは参加者から非常に好評でした。その後、ペアになっての実技練習が行われました。今回、セミナー初参加となる新会員の奥田先生も積極的に練習される姿が印象的でした。

オステオパシー最新手技、FDMの普及を促進するFDM アジアン アソシエイションの公式ホームページ、ワークショップレポート。
(実技練習に励む参加者)

 午後からは、FDMの6つの筋膜歪曲の最後に発見された「テクトニックフィクセイション」の解説が行われました。これで6ヶ月にわたるFDM基礎概念の説明が全て終わったわけですが、臨床における基礎概念の重要性と、その理解のためにFDM教科書を常日頃から読む大切さが参加された先生方にも理解頂けたことと思います。続いて、肩の痛みの講義に戻り、今度は、臨床ビデオを要所、要所で止めながら、患者がボディーランゲージを示したときに、実際に施術者である田中啓介,FDM.O.が頭の中で何を考え施術を進めているかが詳細に解説されました。こういった解説も、日常の臨床で遭遇する難しい症例に役立つことでしょう。最後に実技練習が再び行われ、鎖骨上や肩甲棘を跨ぐ難しい矯正法のポイントなどを各自練習して講義終了となりました。


 次回、11月14日の東京ワークショップは、初級「肩の痛み」の続きと、会員からの主催要望の高い、上級「外反母趾」を行います。

問い合わせ先
〒805−0024
福岡県北九州市八幡東区中畑1−7−1
FDMアジアンアソシエイション 事務局 
岩田オーソパシック内  岩田宏平
FAX:093−651−7793
E−MAIL:faa@fdm.cc
FDMアジアンアソシエイション公式ホームページ:www.fdm.cc


 フェイシャルディストーションモデルFDM)とは、救急現場でのオステオパシーの臨床から開発された、オステオパシーの最新手技技術です。アメリカやヨーロッパの国々のみならず、世界中のオステオパシー学会や医療関係者から注目され、普及しつつある、新しい分野です。FDM アジアン アソシエイションは、FDMの普及を支援するFDM国際連合(FIF)の一員として活動を行っています。
管理者 FAA事務局長 岩田宏平 (いわたこうへい)
Page-TOP
FAA事務局 〒805-0024 福岡県北九州市八幡東区中畑1−7−1 TEL 093−651−7793
FDMとはFDM MOVIEFDMの歴史注意事項リンク集
What's new!各種疾患と症例施術院紹介オステオパシーセミナー

Copyright (C) 2003 FDM Asian Association. All Rights Reserved.


オステオパシー|オステオパシー北海道|オステオパシー青森|オステオパシー岩手|オステオパシー宮城|オステオパシー秋田|オステオパシー山縣|オステオパシー福島|オステオパシー神奈川|オステオパシーセミナー埼玉|オステオパシー千葉|オステオパシー茨城|オステオパシー栃木|オステオパシー群馬|オステオパシー新潟|オステオパシー山梨|オステオパシー永野|オステオパシー愛知|オステオパシー岐阜|オステオパシー静岡|オステオパシー三重|オステオパシー山県|オステオパシー石川県|オステオパシー福井県|オステオパシー京都|オステオパシー兵庫県|オステオパシー滋賀県|オステオパシー奈良県|オステオパシー和歌山県|オステオパシー鳥取県|オステオパシー島根県|オステオパシー岡山県|オステオパシー鳥取県|オステオパシー広島県|オステオパシー山口県|オステオパシー徳島県|オステオパシー愛媛県|オステオパシー香川県|オステオパシー高知県|オステオパシー佐賀県|オステオパシー長崎県|オステオパシー宮崎県|オステオパシー大分県|オステオパシー熊本県|オステオパシー沖縄県|オステオパシー東京|オステオパシー大阪|オステオパシー名古屋|オステオパシー広島|オステオパシー九州|オステオパシー福岡|オステオパシー|オステオパシーセミナー|オステオパシーセミナー北海道|オステオパシーセミナー青森|オステオパシーセミナー岩手|オステオパシーセミナー宮城|オステオパシーセミナー秋田|オステオパシーセミナー山縣|オステオパシーセミナー福島|オステオパシーセミナー神奈川|オステオパシーセミナー埼玉|オステオパシーセミナー千葉|オステオパシーセミナー茨城|オステオパシーセミナー栃木|オステオパシーセミナー群馬|オステオパシーセミナー新潟|オステオパシーセミナー山梨|オステオパシーセミナー永野|オステオパシーセミナー愛知|オステオパシーセミナー岐阜|オステオパシーセミナー静岡|オステオパシーセミナー三重|オステオパシーセミナー富山県|オステオパシーセミナー石川県|オステオパシーセミナー福井県|オステオパシーセミナー京都|オステオパシーセミナー兵庫県|オステオパシーセミナー滋賀県|オステオパシーセミナー奈良県|オステオパシーセミナー和歌山県|オステオパシーセミナー鳥取県|オステオパシーセミナー島根県|オステオパシーセミナー岡山県|オステオパシーセミナー鳥取県|オステオパシーセミナー広島県|オステオパシーセミナー山口県|オステオパシーセミナー徳島県|オステオパシーセミナー愛媛県|オステオパシーセミナー香川県|オステオパシーセミナー高知県|オステオパシーセミナー佐賀県|オステオパシーセミナー長崎県|オステオパシーセミナー宮崎県|オステオパシーセミナー大分県|オステオパシーセミナー熊本県|オステオパシーセミナー沖縄県|オステオパシーセミナー東京|オステオパシーセミナー大阪|オステオパシーセミナー名古屋|オステオパシーセミナー広島|オステオパシーセミナー九州|オステオパシーセミナー福岡|手技療法|手技療法セミナー|手技療法セミナー北海道|手技療法セミナー青森|手技療法セミナー岩手|手技療法セミナー宮城|手技療法セミナー秋田|手技療法セミナー山形県|手技療法セミナー福島県|手技療法セミナー神奈川県|手技療法セミナー埼玉県|手技療法セミナー千葉県|手技療法セミナー茨城県|手技療法セミナー栃木|手技療法セミナー群馬県|手技療法セミナー新潟県|手技療法セミナー山形県|手技療法セミナー長野県|手技療法セミナー愛知県|手技療法セミナー岐阜県|手技療法セミナー静岡|手技療法セミナー三重県|手技療法セミナー富山県|手技療法セミナー石川県|手技療法セミナー福井県|手技療法セミナー京都|手技療法セミナー兵庫県|手技療法セミナー滋賀県|手技療法セミナー奈良県|手技療法セミナー和歌山県|手技療法セミナー鳥取県|手技療法セミナー島根県|手技療法セミナー岡山県|手技療法セミナー広島県|手技療法セミナー山口県|手技療法セミナー徳島県|手技療法セミナー香川県|手技療法セミナー愛媛県|手技療法セミナー香川県|手技療法セミナー高知県|手技療法セミナー佐賀県|手技療法セミナー長崎県|手技療法セミナー大分県|手技療法セミナー宮崎県|手技療法セミナー熊本県|手技療法セミナー鹿児島県|手技療法セミナー沖縄県|手技療法セミナー東京|手技療法セミナー大阪|手技療法セミナー名古屋|手技療法セミナー広島|手技療法セミナー九州|手技療法セミナー福岡|柔道整復|柔道整復師|柔道整復セミナー|柔道整復セミナー東京|柔道整復セミナー大阪|柔道整復セミナー名古屋|柔道整復セミナー広島|柔道整復セミナー九州|柔道整復セミナー福岡|頭痛 治療法|鞭打ち症 治療法|肩こり 治療法|五十肩 治療法|テニス肘 治療法|腱鞘炎 治療法|突き指 治療法|腰痛 治療法|椎間板ヘルニア 治療法|脊柱管狭窄症 治療法|坐骨神経痛 治療法|膝の痛み 治療法|肉離れ 治療法|スポーツ障害 治療法|野球肘 治療法|野球肩 治療法|ジャンパー膝 治療法|ジャンパーズニー 治療法|オスグット・シュラッター病 治療法|オスグット病 治療法|オスグット 治療法|シンディン・ラーセン・ヨハンソン病 治療法|シンスプリン 治療法|足首捻挫 治療法|捻挫 治療法|セバー病 治療法|セーバー病 治療法|かかとの痛み 治療法