オステオパシーFDM普及トップページへ。
The Fascial Distortion Model (FDM) is am anatomical perspective in which the underlying etiorogy of virtually musculoskeletal injury is
considered to be comprised of one or mere of six specific pathological alterations of the body's connecting tissues.
 
お問い合わせサイトマップ 
FAA事務局 〒805-0024 福岡県北九州市八幡東区中畑1−7−1 TEL 093−651−7793
 FAA 公式ホームページ NEWS   Article 6
トップページWhat's new?Article 6
☆FDMとは?
☆セミナー書籍案内
☆FDM MOVIE
☆FDMの歴史
☆注意事項
☆リンク集
☆What's new!
☆各種疾患と症例
☆施術院紹介

オステオパシー手技療法FDM

普及活動報告

オステオパシーの最新手技療法 FDMレベルUセミナー in Alaska


 去る2005年6月19日、20日、アラスカ州、アンカレッジにおいて、AOA学会(アメリカオステオパシー学会)により定められた継続医療教育の一環として、またアラスカ・オステオパシー医学協会の第17回夏季定例セミナーとして「FDMレベルTセミナー」が行われた。アメリカ各州、ヨーロッパ、日本などから多くの内科医、整形外科医、オステオパスが参加した。


FDM創始者、ティパルドス先生の講義 アラスカではすでに3回目のFDMセミナーであり、日々の臨床でFDMを実践されているD.O.もかなり見受けられ、改めてFDMの関心の高さを確認できた。セミナーはスライドによるFDM概念の説明、実際にクリニックで撮影された臨床ビデオ、そして地元のD.O.が診ている、治癒できない実際の重症患者をティパルドス先生がその場で治療するデモストレーション、実技練習の4つから構成されていた。




セミナーで臨床報告する田中,FDM.O. セミナーの始めに創始者、スティーブン・ティパルドス,D.O.からFDMの概念の説明があり、この治療法は解剖学的観点に基き完成されており、決してエネルギーなどを用いて治すというのでなく、解剖学的に変化した組織を還元することにより治癒を齎す、一つの独立した医療分野である。そしてその効果は、主観的、客観的に明確であり、その独自の概念により望ましい効果を確実にあげることが可能であると言うことが強調されていた。



シェトルAOA会長を治療 今回、参加して実感したのは、日々、FDMは進化を続けていることである。例えば上腕の筋間中隔の新しい矯正法やシリンダーディストーションのクランプテクニック、スターリフォールディングなど挙げたらキリがないほどの新らたな矯正法が開発されていた。ティパルドス先生もまだ若く、これから先どこまで進化していくのか楽しみであると同時に、取り残されないように継続して学び続ける必要性を強く感じた。



 実際の臨床ビデオでは、田中,FDM,O.の治療ビデオ(足首捻挫、急性腰痛、ルージングボイス、など5本)もセミナーで使用され、参加者の前で治療の手順、患者の状態を解説した。


実技指導する田中,FDM.O. ビデオの治療効果を目の当たりにして大勢の参加者がセミナー中、田中,FDM.Oに実技指導や治療を求めた。特に現AOA会長のフィリップ・L・シェトル,D.O.は、長年足底筋膜炎で苦しまれており、地下鉄の階段を上り下りするのもかなり辛かったようであったが、田中,FDM.O.の1回の治療でほぼ完治したそうである。その明確な治療効果から、FDMと日本のオステオパシーの状況に興味を示されたシェトル会長は、わざわざ滞在を一日延長され、翌日に予定されていた田中,FDM.O.による「FDM アジアン アソシエイションと日本のオステオパシーの現状」についての発表を傍聴するため会議に出席された。

 10人のデモストレーションは重症患者(交通事故後遺症、腱板断裂など)ばかりだったが、ティパルドス,D.O.の治療でみるみる改善されていった。特に、交通事故に遭い、しゃがんだり、歩いたりする日常生活も一人では出来ずヘルパーがいつも傍にいて介護しなければいけないような患者でも2日目の治療後にはしゃがんだり、小走りも出来るようになったのには皆、唖然としていた。

セミナー記念撮影 このような世界の最先端を独走する素晴らしいセミナーに出席し、FDMの技術が世界の臨床家の興味を強く引き付け、明らかに世界へと普及しつつあることをこの身を持って実感した。筆者もまた、FDM アジアン アソシエイションのメンバーとしてファッシャルディストーションモデルの我が国における正しい普及により一層貢献して行きたいと改めて感じた。






                            FDM アジアン アソシエイション 岩田宏平

 ファッシャルディストーションモデルFDM)とは、救急現場でのオステオパシーの臨床から開発された、オステオパシーの最新手技技術です。アメリカやヨーロッパの国々のみならず、世界中のオステオパシー学会や医療関係者から注目され、普及しつつある、新しい分野です。FDM アジアン アソシエイションは、FDMの普及を支援するFDM国際連合(FIF)の一員として活動を行っています。
管理者 FAA事務局長 岩田宏平 (いわたこうへい)
Page-TOP
FAA事務局 〒805-0024 福岡県北九州市八幡東区中畑1−7−1 TEL 093−651−7793
FDMとはFDM MOVIEFDMの歴史注意事項リンク集
What's new!各種疾患と症例施術院紹介オステオパシーセミナー

Copyright (C) 2003 FDM Asian Association. All Rights Reserved.